米焼酎なら白岳「しろ」でしょ

僕が本番中にテイスティングさせて頂いたのは、白岳「しろ」の金。
この白岳「しろ」には、オリジナルの「しろ」と「金」と「銀」が。
「金」はとってもすっきりしながらも、とても味わい深く、上品で、
勿体ないけどグイグイいけちゃいましたね。
そしてしろシリーズではないのですが、白岳の梅酒(あの頃の梅酒)。
こちらがまたとっても気に入ってしまいました。
甘すぎず何とも言えない心地良い梅の味わい。
こちらはやっぱりロックがぴったしです。甘すぎる梅酒だと氷がかなり溶けるくらいで
ちょうど良かったりするのですが、こちらはロックで入れたその時から旬といった感じ。
ホントに上品な梅酒で僕にぴったり!
なんと言ってもその上この白岳のボトルとラベルのデザインとても好きです。
シンプルで気品があって、中身とのマッチングが素晴らしいと思います。
お土産で頂いてしまった「白」「金」「梅」を持ち帰り、
ライティングごっこさせて頂きました。
熊本は高橋酒造の皆様ありがとうございました!
さ〜忘年会で呑むぞ〜!!ってもうちょっと先か。
そ、それに「ひ」を付けたら「ひろし」になりますから。(強引)

c0229485_3162418.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2011-11-26 03:36 | グルメ