2014年 08月 20日 ( 3 )

静かに佇むメッセンジャー

気仙沼は小泉地区。
南三陸でのミナサンフェスの後、海岸線を北へ。
そこに一つ残る建物が。車を止めて丘へ登ってみました。
ポツリと一つ残ったその建物はかつてホテルだったと。
偶然出会い声をかけて下さった地元の方が教えて下さいました。
80センチの地盤沈下により、海岸線が内陸へ近づいて来たのだと。
建物の近くには車が数台止まっていたので、近くまで行ってみる事に。
車の主は泳ぎに来ていた若者たちでした。

c0229485_18535354.jpg



足下に波音を聞きながらひとり佇むその姿は
あの日の事を忘れないで欲しいと強く語りかけてくるようでした。
そこにどんな街があったのかをもはや想像する事すら出来ない僕に
必死に踏ん張りながら静かに波打ち際で。
僕はそんなメッセージを感じながら必死にシャッターを切りました。

c0229485_18534784.jpg



そしてそのメッセンジャーの横の浜辺で泳ぐ若者たち。
忘れちゃ行けない過去と、新しい未来が動き始めているようでした。

c0229485_1853505.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2014-08-20 23:33

the colour of osorezan

友達に絶対行ってみたいと言われなかったら恐らく一生行かなかったであろう恐山。
僕の描いていたイメージと裏腹に、実に自然の魅力溢れる場所でした。
硫黄の温泉の織り成すその色合いが何とも不思議。
流れ着く宇曽利湖もとても澄んでいて美しく静かな湖です。
天気によっても随分色味が変わりそうですね。
この日は曇り空。立ちこめる雲もまた、柔らかい雰囲気を演出していました。

c0229485_1650389.jpg



c0229485_16512029.jpg



c0229485_16512311.jpg



c0229485_16505972.jpg



c0229485_16504414.jpg



こちらはFBでアップしたiPhone写真。とても澄んだ水です。

c0229485_1651668.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2014-08-20 17:16

五戸町伝統の踊り

子どもの頃は毎年見ていた田舎のお祭り。
あの頃見た踊りは、今も受け継がれていた。
こういった本当にローカルな小さなお祭りは
街の合併等によってもどんどん少なくなっているなか、
そのまんま残っている事がとても嬉しいです。
毎年選抜されるメインのソロダンス。
皆のあこがれです。

c0229485_1632281.jpg


c0229485_1631994.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2014-08-20 16:10