カテゴリ:映画( 3 )

樹海のふたり

カズンがエンディングテーマを歌う映画、「樹海のふたり」公開中!
ユーロスペースへ観に行ってきました!
土曜の今日はかなりの満員だった!
歌は最後の最後に登場ですが、かなり分厚く重ねたコーラスも聴き所でございます。
会場ではサントラCD付きのパンフレットもゲット出来ます。
お近くの方、是非渋谷ユーロスペースへお立ち寄り下さい。

c0229485_22411537.jpg


[PR]

by hiroshiurushido | 2013-07-13 22:55 | 映画

映画 The Artist

観てきました。
何とも今の世の中の逆を行っているこの映画に喝采。
全編モノクロの無声映画。見る側の想像力をかき立ててくれる逸品でした。
カラーフィルムで撮影してモノクロ変換しているとの事で、
グレーゾーンの具合にも富んでいて美しく、近代的なモノクロです。
ワイドじゃない画面もとても味がありました。

これといった特殊効果なんて無くていいのです。
キャストの演技、映像美、ストーリー、そして音楽でここまで楽しめるなんて幸せです。
それが何よりも勝る特殊効果となっていると思います。
物語もどこか古き良き時代のアメリカ、「雨に歌えば」なんかを彷彿させますが、
ジーン・ケリーと重なる主演のジャン・デュジャルダンの演技も素晴らしい。
また、欠かせない犬のUGGIE。それぞれのキャラクターがとても愛おしく思えます。

そして無声映画に欠かせないのが音楽です。
全編を通して音楽でつながって行くのですが、
僕が注目したのは映画の中で唯一ピアノソロのシーン。
後半の主人公の苦悩へとつながって行くシーンで唯一ピアノだけの音楽でした。
そう、主人公にそっと寄り添うように。とても物悲しくも効果的で、印象的でした。

逆を行きながら最先端のこの映画。
トーキー時代へ突入し、主人公の唯一の台詞がありますが、これにも注目。
なぜ彼はそこまでしてしゃべりたくなかったのか。
彼のたった一つの台詞に凝縮されています。
が、これはちょっと日本人には難しい。彼がフランス人であるという事が
とても大きなポイントのようですよ。
これが分かる方は、相当のネイティブスピーカーですよ。
芸は身を助く。元気の出る作品です。

映画アーティストのサイトはこちら
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-04-13 15:20 | 映画

何も知らず

映画好きの友達が面白かったと言っていたので、
何にも知らずにこの映画をみてみた。
「ぼくのエリ」
スエーデン映画です。

だいたい映画ってプレビューとか、少なくともパッケージの感じとか、
内容とか読んでみてDVD借りたりするけど、
パッとタイトルが目に入ったので、何も考えず借りてみる事に。

どんな映画かもな〜んにも知らないでみたら、かなり衝撃だった。
ま、予備知識あったとしても結構この映画衝撃かも知れないけど。

映画って人それぞれ感じ方違うから、勧めるのも勧められるのも難しいところだけど、
今回は当たりましたね〜。

予告編見ちゃうと色んなシーンが見れちゃうし、内容の美味しいところ
かいつまんでますからね。出来ればこんな風に衝撃を受けたいものです。
どうせならこの映画のサブタイトルいらない。余計な情報です。

興味のある方は、何の予備知識もないまま、パッケージも読まず観てみては?
ま、どのように面白かったかはあえて言わないとして。
ま、それがあなたにとって面白いのかももちろん保証は出来ませんが。

c0229485_118132.jpg


鉢に植えてある葉から芽のあまり元気なさそうな葉っぱを取り除いて、
その中でもまぁ比較的ヘルシー
っぽいヤツを壁にテープで貼っておいたんだけど、
こんなん伸びてます。

c0229485_117591.jpg


凄い。水もあげてないし、壁にテープで貼っただけ。
恐るべし生命力。
そろそろ植えるか。
[PR]

by hiroshiurushido | 2011-02-26 01:46 | 映画