カテゴリ:空( 32 )

夏の空富士

石川小松空港へ行く道中。いや空中?
出来れば席は左側を選びましょう。
ちなみに帰りも左側。
志賀町はやっちゃ祭りへ行って来ました。

c0229485_12262989.jpg


c0229485_12263152.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2014-07-29 12:34 |

本日の空中散歩

ここ最近のフライトは富士が左手に見える事が殆どだったんだけど、
今日は左側のシートが満席で、右側に。
あ〜、そんな事もあるさ。と思っていたら、今日はラッキー右手に富士が!
おもちゃカメラしか持ってなかたけど。やっぱ富士はあがります。

c0229485_23491262.jpg


c0229485_23491328.jpg


c0229485_23492512.jpg


c0229485_23493233.jpg


c0229485_23493412.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2014-01-27 00:02 |

夕方のフライトは手強い

またもや広島行きのフライト晴れ。
日本人の心をくすぐる富士のお楽しみ。
2週間前とは打って変わって夕方の富士は逆光だ。
なかなかクリアに捕獲するのは難しい。

♪ あたまを雲の 上に出し〜

きたきた、近づいて来た。何はともあれ興奮します。

c0229485_0492665.jpg


c0229485_0492888.jpg


c0229485_049304.jpg


富士を過ぎると、なかなかドラマチックな雲の上を滑るフライトでした。

c0229485_0493335.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-12-08 01:13 |

一瞬の宇宙旅行

みんなで地球を離れ、宇宙に近づく瞬間。
心を一つにして、飛び立ちます。

c0229485_1562289.jpg


c0229485_1562433.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-06-03 02:00 |

うす〜い月の出

昨日のかなりの夜更かしの眠る前。
あ、とってもうす〜い月が出て来た。
更に朝が近づいた。
見た人いるかな。ま、殆どいないかな。
朝刊バイクを聞きました。

c0229485_1114419.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-04-09 01:17 |

竜巻タマゴ

これは宇都宮に行った時に見た空。11月14日。
午後一時前くらいなんだけど、何だか雲が縦っぽく伸びてて、
なんかこれって竜巻の前兆か?なんて思いながら観察してたんだけど。

c0229485_2350187.jpg


c0229485_2350360.jpg


風が結構強かったからもしかしてなんて思っていたんだけど、やがて
縦に伸びる雲みたいのは消えていきました。

同関連があるかは知りませんが、その日の午前には和歌山では竜巻が。
映像はこちら↓
14日の午前9時半頃、和歌山の竜巻。
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-11-19 00:05 |

うす〜い月

こちらは11月16日の超スリムな月と夕暮れ。

c0229485_23452970.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-11-18 23:49 |

      金星と月と木星と

        一列に等間隔で並んだ今日。
        ほんの3時間くらいの天体ショー。
        西へ並んで沈んで行くところ、皆さんはみれましたか?

c0229485_2326395.jpg



c0229485_2326962.jpg



                 ヒコーキの出現

c0229485_23264351.jpg



                    雲と

c0229485_23264199.jpg

[PR]

by hiroshiurushido | 2012-03-26 23:40 |

木星と金星

今かなり近いですね。
3月下旬にかけて急激に離れだすようですよ。
しかし、この二つの星に、今度は月が接近。
薄〜い月が通りすぎるようです。
3月後半の天体ショー、楽しめそうですよ。

c0229485_132361.jpg

日が暮れてすぐの西の空には、金星と木星が見えています。金星はマイナス4.2~マイナス4.4等、木星はマイナス2.2~2.1等と非常に明るいので、 夕焼けの残る空でも、とてもよく目立っています。
3月の宵空では、この2つの惑星が日々位置を変えていく様子を見ることができます。特に木星は3月下旬に向けて急激に高度が下がり、金星との位置関係がどんどん変わっていきます。3月上旬、木星は金星よりも空の高いところにありますが、3月中旬には金星とほぼ同じ高さとなり、さらに3月下旬には金星よりも低い位置へと移動します。特に13日、14日には金星と木星が3度まで接近し、とても美しい眺めとなります。
3月上旬は、金星、木星よりも低い位置に水星が見えています。水星は、3月5日に東方最大離角となり、この日の前後は夕方の西の空で見つけやすくなります。ただし、日の入り30分後の水星の高度が10度ほどですぐに沈んでしまうので、観察できる時間はわずかです。肉眼で見つけにくい場合は、双眼鏡を使って探してみても良いでしょう。
3月下旬は、木星と金星の近くを細い月が通り過ぎていく様子を観察することができます。明るい惑星と月の接近はとても美しく、見ごたえがありますので、ぜひ観察してみてください。月は25日に木星の少し下側に見え、26日には金星と木星の間に見えます。そして、27日に金星に近づき、その後、離れていきます。特に26日は金星、月、木星がほぼ等間隔で縦一列に並び、とても美しい光景になるでしょう。

国立天文台より引用
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-03-16 01:38 |

富士と月と星と夕暮れと

みんなで創る瞬間のドラマ

c0229485_002824.jpg



Mt. Fuji and Moon and Star and Sunset drama
2012 0126 1725
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-01-27 00:25 |