美に光をあてる

深夜の撮影は、自分が光をあてて闇から浮かび上がらせる喜びです。

c0229485_1181339.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 01:26 |

てっぺんのてっぺん

山のてっぺんで、他の木々よりダントツに突き抜けてしまった木が。
いいね。それくらい行っちゃいたいものだね。元気出るね。

c0229485_1141322.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 01:17 | 自然

もとは芋?

球根は非耐寒性であり、サツマイモに似た塊根 by wiki
育てるの難しいの?って聞いたら
そんな難しくないけど、せっかく植えたのに何回か狸に荒らされて食べられちゃったって。
美味しいのかな。ダリアって芋から育つのか。不思議。

c0229485_15199.jpg


c0229485_15359.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 01:13 |

きちんと整列しているのに

彼らはとても伸び伸びとしているように見えます。
無理にはみ出さなくたって、きっと自分らしく伸び伸びは出来るのかもしれません。
実りの秋への準備を着々と進めています。

c0229485_0565670.jpg


c0229485_0565854.jpg

[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 01:04 | 自然

その訳は

青森ではあちらこちらで短い夏を満喫するかのように、たっくさんの花々が
あちらこちらに植えられています。
夏の間にここぞとばかりに、花を愛でる文化があるのでしょうか。
と思っていたのですが、お墓参りに行った際に、それらの花がたくさん
お供えしてありました。
もちろん奇麗な花を愛でる楽しみもあるのでしょうが、先祖への思いが
そこには込められているのですね。

c0229485_0445544.jpg

[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 00:56 |

幾何学模様の午後

c0229485_040497.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-18 00:44 |

誰もいない滑走路を駆け抜けろ

青森、夜の帰り道。裏通り、暗闇をひた走る。その先に登場したのは・・

c0229485_13322653.jpg


不思議な光の道だった。まるで誰もいない夜の滑走路。

c0229485_13322912.jpg


歩いてみる。

c0229485_13323163.jpg


止まってみる。

c0229485_13323326.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-17 13:38 |

ダリアと星空と流れ星と

青森行ってきました。素敵な出逢いがいっぱいありました。
ロングドライブから只今帰宅。
フレームにおさめた出逢いの数々、続々アップするようしますね。

こちらは8月13日の夜空から。流れ星が映り込みました。

c0229485_1532258.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-17 02:01 | 自然

あれから67年

広島原爆投下から67年。二度とあのような事が繰り返されてはいけません。
しっかりとした大人にならなくてはと思います。

近所にトケイソウを見つけました。そう、その名の通り、時計のよう。
だいぶ花も終わりの頃なのでしょうか。殆どしなしなしてました。

人は一花咲かせてやろうと言いますが、花はいずれしなしなしてしまう。
しぼんでしまうものです。そんな事を考えるとちょっと寂しいのですが、
花の後には実がなるではないですか。そう考えると楽しみですね。

一花咲かせてやろうと夢を追いかけ、夢が叶ったらその後は実がなる。
楽しみではないですか。トケイソウはその後も時を刻み続けるのです。

c0229485_22172916.jpg


黄色が淡いひまわりがあるんですね。初めて気づきました。
まるで草食系植物か。ってもともと植物だし草も食べないけど。

c0229485_22173135.jpg


こちらはコスモス。秋桜と書きますが、夏にもたくさん咲いていて、夏の花でもあります。

c0229485_22173218.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-06 22:45 |

紅白花合戦

c0229485_1241479.jpg


c0229485_1241540.jpg


アメリカ芙蓉
[PR]

by hiroshiurushido | 2012-08-06 01:28 |