<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北国でもないのに ♪北国の春

♪ 白樺〜 青空〜 南風〜
何だか今日は一日中北国の春の鼻歌ばかり。
何故だろう。それは昼間にこの花を撮ったからである。
♪ こぶし咲く〜 あの丘北国の〜

c0229485_1492888.jpg


c0229485_1493034.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-23 02:04

下から上か上から下か

鉄のあみあみ。
下から空を見てみるのか・・・
空側から地底を覗くのか・・・
物事は片側からだけでは分からないものである。
かといって、だから何が分かるというものでもないのだが。

c0229485_1404777.jpg


c0229485_1404578.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-23 01:48 |

はやっ

もう大分咲いてきましたね。
人のいない深夜の花見がいいです。ま、満開になれば夜も人が多いのでしょうが。
今週末はかなり咲くのではないでしょうかね。
街灯でも、場所を選べば、なんちゃってライトアップ祭りが楽しめます。
週末24日は横浜でございます。

c0229485_21037100.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-22 02:19 |

昼の顔 夜の顔

乙女椿ですかね。

c0229485_262949.jpg



c0229485_262645.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-22 02:07 |

水面は星空

風が吹いて水面に波がたつごとに、キラキラキラキラ輝き出します。
水面はまるで星空のようでした。
あ、これはウガンダでね。東京でございます。

c0229485_015339.jpg


c0229485_015470.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-18 00:07 | 自然

ドバイの手前の夜景

ドバイに到着する1時間程前だろうか。
雲間からキラキラ、大きな街が見えました。

c0229485_23544857.jpg


c0229485_2355113.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-18 00:01 |

Rolex

ウガンダのマーケットで地元の方々が食べてるのがロレックス。
僕も是非食べたいと思い作ってもらったのだけど、タマゴを焼いて
野菜をたっぷりトッピングして、ナンみたいな生地で巻き巻きします。
どういう意味かと申しますと、要は、Roll Eggs (ロールエッグス)
という事なのだそうですが、皆さんロレックスと呼んでいます。
時計かと思いきや、美味しい巻物でございました。
タマゴにしっかりと塩が効いていてとても美味しいです。
完成したものはと言いますと、写真を撮る前に胃の中に入ってました。
ホント食べ物の撮影は難しいです。

c0229485_23434630.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-17 23:53 | グルメ

ぐるぐる

ウガンダから戻ってからというもの、何ともめまぐるしく
モスクの塔の上へのぼる螺旋階段の様な日々でございました。
NHKの明日へコンサート、そして良美さんのコンサート、リハーサル等等。
ちょっと一段落。いよいよウガンダのプロジェクトの仕上げ期間でございます。
久々にウガンダの子供たちとのレコーディングファイルを開いてまた感動。
是非お楽しみに!
こちらは丘の上にたつモスクの螺旋階段です。

c0229485_1101548.jpg


c0229485_1101797.jpg


c0229485_1101953.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-17 01:16 |

スタジオは教室

レコーディング前の一こま。みんなリラックス中。
2日目のこの日は、最初に一人ずつソロパートを録音。
レコーディングの行程としては4つ。
合唱、ソロ、パーカッション、フリーセッション。
スムーズに進めるために考えたのは、先ず一人一人ヘッドフォンを聞きながら
本格レコーディングを体験してもらう事。
あらかじめ持って行っていたベーシックトラックに合わせてみんな体験して頂きました。

全員終わったところで、もう一人歌いたいと。
パーカッションのアイヴァンでした。何とも積極的。
パーカッションはリズム感がピカイチの彼。歌声は、面白かった!
みんな聞きながら思わず クスッ クスッ って笑いがこぼれてしまった。
それにしてもみんな初めての体験。日本でもレコーディングを体験するなんて
そうそうないですからね。

終わった後に盛り上がったのが、プレイバック。
2人くらい参考までにと思ったのだけれど、私も聞きたい!私も!私も!
と、結局みんなプレイバック。
初めて聞く録音された自分の歌声に皆びっくり。
とっても外して歌ってしまった子は、目をまん丸にあけて驚いて、
サビのところまで来たら顔を手で隠してありえな〜い!とばかりに思わず教室を
飛び出して行ってしまう程びっくり。
うま〜く歌えた子、確認したらだ〜いぶ外していた事が分かった子、
いずれにしてもみ〜んなホントに素敵な歌声でした。

3日目。セッティング中みんながボチボチ集まって来た頃に、先ず声が上がったのが、
プレイバック!プレイバック!!と。
準備が進む中、プレイバックを聞きながらみんな踊る踊る。
彼らはエネルギーの発散の仕方を知っているようです。

全てはこの教室の響きの中で録音されました。
この教室の空気感もみんな入っています。そう、外は鳥がいっぱい鳴いています。
ぴよぴよ耳を澄ませば、完成版からも聞こえるかもしれません。

僕は真ん中に置いた机のあたりでみ〜んなの指揮をとりました。
一人一人の歌唱の前で、ひたすら踊りました。
彼らはリズムで歌を歌います。指揮も相当リズムを出した分かりやすいものが良いようです。
最終的に行き着いたのは、パンチ法。
ビートに合わせてひたすら空パンチを左右交互に繰り出します。
言うまでもなく、次の日、いや、その日の夕方からかなり変な筋肉痛でございました。

c0229485_0341821.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-01 01:09 |

ウガンダの夕日

c0229485_164252.jpg
[PR]

by hiroshiurushido | 2013-03-01 01:07 |